劇王 神奈川 Ⅴ 2016年10月14日(金)〜16日(日) 神奈川県立青少年センター 多目的プラザ

チケットのご購入はこちら

こりっちからご予約されたチケットは全て当日精算、劇場お渡しです。

劇王神奈川Ⅴ 結果発表

本日、決勝戦が行われた結果、
大島寛史(チリアクターズ) 作品名「しらずのうちに」 が優勝し、五代目神奈川劇王になりました。
ご来場いただきました皆様、誠にありがとうございました。








予選速報:Cブロック結果

本日、Cブロックが行われた結果、
もじゃもじゃ頭とへらへら眼鏡「声」(作:河田唱子) が決勝進出となりました。

※決勝戦は、10月16日(日)14:00開演です。




予選速報:Bブロック結果

本日、Bブロックが行われた結果、
劇団820製作所・別館「月の光の下」(作:波田野淳紘) が決勝進出となりました。

※決勝戦は、10月16日(日)14:00開演です。




予選速報:Aブロック結果

本日、Aブロックが行われた結果、
チリアクターズ 「しらずのうちに」(作:大島寛史) が決勝進出となりました。

※決勝戦は、10月16日(日)14:00開演です。




劇王神奈川Ⅴ 増席及びゲネプロチケット発売のお知らせ

劇王神奈川Ⅴですが、おかげさまで予選全ブロックがキャンセル待ちとなっております。
こちらに伴い、実行委員会で協議の結果、現時点で可能な限り第1次増席を行いました。
キャンセル待ちでお申し込みのお客様には、8日15時〜18時までに、一般予約への変更もしくは新しいキャンセル待ち番号を連絡させて頂きました。
10月12日にも第2次増席を行い、最終的な客席数決定とさせて頂きます。

また、上記とは別に、どうしても本番を観たいお客様のために、投票権も審査も有りませんが、「ゲネプロ」の一般発売を開始する事にしました。
こちらは、チケット代は1,000円(高校生以下も同額)となっております。
ゲネプロ観劇ですがあくまで、「満席で本番を観る事ができないお客様のための手配」ですので、本番予約の方の移動などはご遠慮して頂けると幸いです。
作品を創る側としては、負けると一度しか上演されないこの作品をなるべく多くの人達に見て頂きたいとの思いが有ります。
そのために観劇機会を増やす方法として今回このような形を選択させて頂きました。

【ゲネプロタイムテーブル】
Aブロック 10月14日(金)16:30〜
Bブロック 10月15日(土)10:15〜
Cブロック 10月15日(土)16:15〜

※開演が遅れることがありますので、予めご了承ください。
※投票権、審査員による講評はございません。

【ゲネプロチケット価格】
1,000円 (高校生以下も同額)

【ゲネプロのチケットご予約方法】

件名:◯◯ブロックゲネプロ観劇
本文:お名前フルネーム、ふりがな、公演日時、枚数、関係する出場団体

をご明記の上、メールにて info@gekioukanagawa.com までご送信ください。
24時間以内にこちらから折り返し連絡します。

※審査の有るコンテストになりますので、ゲネプロには観劇条件がございます。
返信メール及び、観劇の際に再度ご説明いたしますが、こちらを守っていただく形となりますので、ご了承ください。


予選ブロック完売のお知らせ

おかげさまで、予選A・B・Cの全ブロックのチケットが完売いたしました。
※それに伴い、全公演通し券の販売は終了しております。

現在、各予選ブロックにつきましては、[キャンセル待ち]でのご予約をメールにて承ります。

件名:キャンセル待ち
本文:お名前フルネーム、ふりがな、公演日時、枚数

をご明記の上、 info@gekioukanagawa.com までご送信ください。

折り返し、担当者よりご連絡いたします。
24時間以内に返信がない場合は再度お問い合わせいただくようお願いいたします。

なお、10月16日(日)14時開演の決勝戦については、まだご予約いただけます。

劇王とは
劇王とは、「Jr.ライト級チャンピオンタイトルマッチ劇王」として、主催の愛知県長久手市とプロデュースを担当した日本劇作家協会東海支部が、2003年より10年にわたり育てあげた短編演劇コンテスト。
観客と審査員の投票によって勝敗が決められる。
2013年2月、その10周年を記念して開催された「劇王X〜天下統一大会〜」には、北海道から九州まで全国各地のチャンピオンが集結。歴代劇王たちも参戦し一大決戦が繰り広げられた。そこで第4代劇王、柴幸男氏(ままごと)が優勝。演劇の天下人「劇天」の称号を勝ち取った。
これをもって長久手での開催は一旦休止となったが、「劇王」は日本各地に飛び火し独自に開催されている。
2015年2月、KAAT神奈川芸術劇場にて、神奈川県主催のもとに新たなる天下統一大会が開催された。
劇王ルール
○上演時間20分以内  ○役者は3名以内  ○数分で転換できる置き道具  ○基本舞台は4間×3間

審査方法
○観客と審査員の投票による。
○観客票は1票
○審査員票は各公演の入場者数÷審査員の人数
(例:入場者数100人、審査員3名の場合、100÷3=34(小数点以下繰り上げ)が審査員の持ち点となる。)
主催:劇王神奈川実行委員会、マグカル・フェスティバル実行委員会
共催:神奈川県立青少年センター、神奈川県演劇連盟
後援:一般社団法人 日本劇作家協会
マグカルシアターとは
神奈川の文化そのものがマグネットとなって、人を引き付け、街に魅力と賑わいをもたらす、マグネット・カルチャー、略して「マグカル」として神奈川県が展開する事業の一環。
県立青少年センターを活用して若者に発表の場を提供し、若者の持つ「マグネット力」を活かした、神奈川ならではの芸術・文化の創造、新たな人材・資源の発掘と育成をする。